2022年5月22日

乗馬場と野球場


SONY α7 FE28-70 F3.5-5.6



SONY α7 FE28-70 F3.5-5.6



SONY α7 FE28-70 F3.5-5.6



SONY α7 FE28-70 F3.5-5.6



SONY α7 FE28-70 F3.5-5.6



2022年5月15日

草花


SONY α7 FE28-70 F3.5-5.6



SONY α7 FE28-70 F3.5-5.6



SONY α7 FE28-70 F3.5-5.6



SONY α7 FE28-70 F3.5-5.6



SONY α7 FE28-70 F3.5-5.6
先日売っ払ってしまったα7のキットレンズを、また買い戻す。
初代α7にこのレンズは相性が良い。標準レンズとはよく言ったものである。
それにしてもα7とSEL2870はミラーレス一眼の世界ではエポックメイキングな商品だと思う。


2022年5月14日

赤か紅か


SONY α7 FE28-60 F4-5.6
ご近所の庭からバラが顔をのぞかせる季節。
散歩が楽しい季節だ。


2022年5月8日

ポピーの花びらは薄い


SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6
真っ赤なケシの花
ケシの花の花びらがこんなに薄く風にたなびくなんて、写真を写していてはじめて知った。
写真を撮るのも自然の勉強になるものである。
ながらく写真を撮ってきて勉強になったのは、カメラを変えても撮れる写真は変わらないと言うことである。
知ってはいたかもしれないが、自覚はないところで知らないふりをしていたのであろう。
さんざんカメラを次々に買ってみて、ようやく判ってしまったのである。
高い授業料を払ったが、勉強にもなったし楽しい授業でもあった。
結局残ったのは、旧型の軽くて小さいα7と軽くて薄いFE26-60のコンビ。
すべてをまかなえるミニマムシステムがこのコンビになるとの結論に達したのであった。


2022年5月5日


SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6
こどもの日の今日は非常に暖かい。もう半そでの季節到来である。
草も元気に成長している。


2022年5月4日

鶴橋は想像以上にカオスだった


SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6



SONY α7 FE28-60 F4-5.6
近鉄特急ならぬ近鉄急行で名古屋から鶴橋に行く。
人に噂は聞いていたが、これほどまでにディープだとは知らなかった鶴橋。
時が止まったような空間がそこにはある。まさに混沌とした昭和の商店街。
いやはやこの状態の維持を許している大阪の風土と言うか度量の深さと言うか権力にあがなう姿勢みたいなものを感じる。
行政は再開発を計画していないのか出来なのか。その辺りの情報は全くないが、そこらへんにはいろいろ醜く怖い葛藤があったことが想像される。
地下鉄に乗り新世界に上ると、新世界でも現代に戻ったような感覚になる。
すごいものを見た今回の鶴橋であった。ディープな世界はまだまだ日本の大都会にも存在したのである。


2022年5月3日

五月飾り


Nikon Z6 24-70mm f/4S
主は無事に巣立ったが、五月飾りの甲冑を飾る。
孫に雛人形を買う立場になって、親の恩を深く感じ入る。


2022年5月1日

雨上がりの夕刻


EOS RP RF24-105mm F4-7.1



EOS RP RF24-105mm F4-7.1
ほぼ一日雨の日曜。
夕方に雨はあがったので散歩にでる。
西から吹く風がアルコールで温まった体に心地よい。


2022年4月へ


inserted by FC2 system